ツインブロッケンブログ

日々思ったこと、趣味と筋トレ関連

重さを増やしたいならフォーストレップスは避けたい

まず断っておかなければならないのは私がパワーリフティング嗜好であるという事だ
そして、これも論文の内容などではない

コンパウンド種目が強いからと言ってアイソレート種目が強いとは限らないし、筋肉がムキムキとは限らない
何故そうなるのか?筋肉が付けば力は強くなり、コンパウンド種目の強さは上がりそうなものである

そこで考えてもらいたいのが筋肉のバランスである
分かりやすくベンチプレスを例に出そう
ジムでベンチプレスをフォーストレップスで行っている人がいる
やり方にもよるがボディビルやフィジーク、ベストボディ等筋肉の見た目や、各部の発達を優先するならば有効な練習だろう

しかし、パワーリフティングや、スポーツの補強パワーアップを目指すならばあまり感心出来る方法ではないしなかなかパワーアップしていかないだろう

何故か?
理由は非常にシンプルで
「腕の強さと胸の強さが釣り合っていないため、弱い方の影響で挙げられない」となる

本来ベンチプレスは胸、腕、肩を鍛えるメニューであり、胸だけを鍛えるメニューではないので、胸だけを鍛えるような方法ではいつまでたってもベンチプレスは強くならないという事だ
分かりやすく数字を言うと胸は100㎏支えられるのに腕は90㎏しか使えないので90㎏しか挙げられない状態になる

各部の発達が重要な競技であれば支えられる重量で挙げる局面は他人の力に頼っても良いが、パワーアップを目指すならば避けたい練習だろう